FC2ブログ

    2018-11

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「爆食」というキーワード


    昨日(2013年1月4日)の日経の第一面に「爆食ドミノ」と題した記事が掲載されていました。

    記事では、小麦などの食料品や鉄鉱石、石炭等で中国が発揮しているバイイングパワーを「経済成長を背景に世界中の資源を『のみ込む』中国」という表現で説明しています。

    「中国の2012年の小麦輸入量は前年の3倍で推移し、半年分の国内備蓄は世界在庫の3割を占める。大口需要家の出現で豪州政府は食料資源増産に舵を切り、農業インフラの整備を中国資本に頼る。」

    日経は、「世界の人口は2050年に90億人を突破し、うち55%をアジアが占める。中国に続きインドが本格成長に入れば、資源争奪が一段と激化するのは必至。…『持たざる国』の知恵と覚悟が試される。」と記事を締めくくっています。

    同日、産経の第一面にも「『爆食』中国 世界の海で乱獲」の記事が掲載されていました。

    ・乱獲の影響は日本の食卓にも及ぶ。昨年の日本近海の一本釣りカツオの水揚げ量は、3万100トンで過去最低。
    ・日本の水産物の消費市場が5兆円なのに対し、中国は20兆円規模で年率2桁の伸びを続ける。
    ・中間所得層を中心にエビやマグロ、ノルウェー産サケなどの試乗が急拡大。中でも天然と養殖を合わせたエビは、世界の年間消費量700万トンの4割弱の260万トンを中国が占め、「爆食」ぶりを表している。

    また、同記事は、中国での経済成長に伴う食の浪費についても触れ、「中国では、『接待客が食べきれずに料理を残せば、宴会は成功といえる。そうしないとメンツが立たない』。所得水準の上がった中国では、富裕層に限らず、中間所得層にも『メンツ主義』が浸透する。季節ごとの宴席が自らの豊かさを誇示する場になり、メンツのためにたくさんの食べ物が無駄にされる。」と説明しています。

    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://officeair.blog.fc2.com/tb.php/88-ecb9618f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    «  | ホーム |  »

    プロフィール

    片山 祐姫

    Author:片山 祐姫
    経営革新等支援機関
    (認定支援機関)

    http://www.officeair.net/

    キャッシュフローコーチ®|大阪

    大阪産業創造館の「あきない経営サポーター」として、オンライン相談、面談での相談対応をしています。下記ページからお申込みください。 (相談は無料です)
    産創館オンライン相談&面談

    最新記事

    カテゴリ

    未分類 (1)
    経営 (33)
    マーケティング (10)
    マーケット動向 (8)
    情報化 (5)
    ソーシャルメディア (5)
    Facebook (14)
    社会 (4)
    労務 (2)
    考え方 (11)
    近況報告 (24)
    読んだ本 (17)
    日本語の話 (3)
    お知らせ (22)
    知的資産経営 (13)
    注目キーワード (3)
    ものづくり (8)
    ミラサポ (1)
    ソーシャルビジネス (1)
    経営力向上計画 (1)
    施策 (0)
    経営改善計画 (1)

    月別アーカイブ

    最新コメント

    最新トラックバック

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    あわせて読みたい
    にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
    にほんブログ村
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。