FC2ブログ

    2019-08

    注目が集まる超小型モビリティ


    国土交通省は6月4日に「超小型モビリティ導入に向けたガイドライン」を発表しています。

    このガイドラインでは、超小型モビリティを「自動車よりコンパクトで小回りが利き、環境性能に優れ、地域の手軽な移動の足となる1人~2人乗り程度の車両」と定義しています。

    超小型モビリティが求められる背景としては、「普段の買い物、通院などの地域内における自動車での外出は、2名によるものが多く、1名によるものも加えると大半を占める」ことをあげ、「そのための手頃な移動手段として、乗車定員2名のモビリティに対するニーズが高い」と説明しています。

    また、超小型モビリティ実証実験で得られた知見として、以下の場面などでの利用で利点があることを説明しています。

    ○ 近距離(5km圏内)の日常的な交通手段としての利用
    ○ 狭い路地のある市街地・住宅地等での利用
    ○ 観光エリアでの利用


    超小型モビリティの導入による効果・社会便益

    超小型モビリティの導入による効果・社会便益
    「超小型モビリティ導入に向けたガイドライン」(国土交通省)より転載


    特に、観光エリアでの利用における下記などの意見を読むと、実証実験に参加した観光客の楽しい気持ちが伝わってきて、自分も乗ってみたい気持ちになりますね。

    ○ 多くの観光地を回遊できた。
    ○ 坂道で、少し遠くても躊躇せず、行きたい場所にいける。
    ○ 車体が小さいので、かなり細い道を通る場合にも便利である。
    ○ 道をはみだしていない(コンパクト)ので歩行者からみて危険を感じなかった。
    ○ 車両が静かなので紅葉を落ちついてみられる。
    ○ 開放感があり楽しく乗車できた。また乗車したい。

    一方で、実用化に向けての主要な課題は、価格。「軽自動車より安い」価格で提供できるかどうかが普及のカギとなります。

    トヨタ車体が7月2日に改良、発売した、1人乗りの超小型電気自動車「コムス」で、66万8,000~79万8,000円。クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金の給付を最大7万円受けられるため、実質価格59万8,000円からとアピールしています。

    コムスは、
    ○ 家庭用100V電源に対応し、約6時間で充電できる。
    ○ 1充電当たりの走行距離は約50km。
    ○ 最高時速は60km。
    だそうです。

    みなさんは、約60万円でのこの超小型モビリティをどう評価されますか?


    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://officeair.blog.fc2.com/tb.php/52-52ee2bde
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    «  | ホーム |  »

    プロフィール

    片山 祐姫

    Author:片山 祐姫
    経営革新等支援機関
    (認定支援機関)

    http://www.officeair.net/

    キャッシュフローコーチ®|大阪

    大阪産業創造館の「あきない経営サポーター」として、オンライン相談、面談での相談対応をしています。下記ページからお申込みください。 (相談は無料です)
    産創館オンライン相談&面談

    最新記事

    カテゴリ

    未分類 (1)
    経営 (35)
    マーケティング (10)
    マーケット動向 (8)
    情報化 (5)
    ソーシャルメディア (5)
    Facebook (14)
    社会 (4)
    労務 (2)
    考え方 (13)
    近況報告 (24)
    読んだ本 (17)
    日本語の話 (3)
    お知らせ (22)
    知的資産経営 (13)
    注目キーワード (3)
    ものづくり (8)
    ミラサポ (1)
    ソーシャルビジネス (1)
    経営力向上計画 (1)
    施策 (0)
    経営改善計画 (1)

    月別アーカイブ

    最新コメント

    最新トラックバック

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    あわせて読みたい
    にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
    にほんブログ村