FC2ブログ

    2019-12

    池上彰の必修教養講座「現代世界の歩き方 - 年金制度、長寿の備え」を読んで


    日曜日ころから急に暑くなりましたね。最高気温を確認すると、

      7月12日(木) 29.7℃
      7月13日(金) 31.2℃
      7月14日(土) 32.2℃
      7月15日(日) 34.1℃
      7月16日(月) 33.6℃
      7月17日(火) 34.9℃

    毎日、最高気温が上がっていることがわかります。
    感じたことを数字で確かめるって大事だなと思います。

    昨日、平年より4日早く梅雨明けもしたそうです。
    これからしばらく暑い日が続きそうですね。

    夏空


    さて、2012年7月16日の日本経済新聞に、「池上彰の必修教養講座 『現代世界の歩き方』 年金制度、長寿の備え」という記事が掲載されていました。

    以下は記事からの抜粋です。



    ・年金は保険の一種です。

    ・「長生きしたのに蓄えがなくて生活できない」というリスクへの備えです。

    ・保険ですから「受け取れないのは損だ」という発想は、本来おかしいのです。

    ・(介護保険と同様に)年金保険も本来はもらわないで済めばありがたいはずなのですが、「生きていれば受け取れる」という点で「もらわないと損」と考えてしまうようになっています。




    人の寿命は事前にはわからないので、長寿のために経済的に困窮するリスクがある。そのリスクを相互扶助によって軽減することが、年金の本質であることが説明されています。これは、まったくその通りですね。

    ただ、その趣旨通りの設計になっているかどうかは疑問です。なぜなら

    ・年金の受取開始時期が平均寿命よりも10年以上早い。
     (男性の平均寿命 79.6歳、女性の平均寿命 86.4歳)

    ・経済的に困窮しているかどうかに関わりなく、受け取れる。

    からです。実際には、長寿のために経済的に困窮している人が受け取る保険ではなく、65歳になれば受け取れる保険になっています。

    支払いをしているにも関わらず、年金をもらわないということは、65歳に達するまでに亡くなることを意味します。これを「もらわないで済んでありがたい」と思う人はなかなかいないのではないでしょうか。

    また、一般になされている支払いよりも受け取りが少なくて損という議論は、個々人の寿命についてのものではなく、世代間不公平についての話です。

    それぞれの人の寿命は事前にはわからないので、結果的に受け取りが少なくなるかもしれないし、多くなるかもしれない。それは理解しやすいと思います。自分が受け取り額が多い方にまわる可能性もあるからです。

    しかし、もしある世代が受取額が多くて、別の世代が支払額の方が多いと事前にわかっていたとしたら…?支払額の方が多い世代にとっては、納得しにくいのではないでしょうか。

    この記事の後半は以下の通りです。



    ・日本では1942人に厚生年金の制度が発足しました。61年に国民年金も始まりました。始まった当初は積み立て方式でした。

    ・73年度から賦課方式の要素が強まりました。現役世代が払い込む保険料を、その時点での高齢者に年金として払う仕組みです。
     つまり、若いうちは高齢者を支え、高齢者になったら若い人に支えてもらいます。これを厚生労働省は「世代間の支え合い」と称しています。
     高齢者が増えて年金受給者は増える一方、少子化によって保険料を納める人の数は減っていく。いまの年金制度は維持可能なものであるのか。これがいま議論されているのです。



    支える場合もあれば、支えられる場合もある、それが「支え合い」だと思います。ある世代にとって負担が重く、別の世代には恩恵が多いとすれば、それば「支え合い」とは言えないのではないでしょうか。

    「厚生労働省は『世代間の支え合い』と称しています」という表現から、厚生労働省はそう言っているけれど、自分は必ずしも同意はしないというニュアンスを感じる…と言ったら、穿ちすぎでしょうか。

    また、最後の一文からは、明言はされていませんが、池上彰氏は、いまの年金制度は維持可能なものではないのでは…?と暗に問題提起されているように感じました。


    スポンサーサイト



    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://officeair.blog.fc2.com/tb.php/49-8fee5ec4
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    «  | ホーム |  »

    プロフィール

    片山 祐姫

    Author:片山 祐姫
    経営革新等支援機関
    (認定支援機関)

    http://www.officeair.net/

    キャッシュフローコーチ®|大阪

    大阪産業創造館の「あきない経営サポーター」として、オンライン相談、面談での相談対応をしています。下記ページからお申込みください。 (相談は無料です)
    産創館オンライン相談&面談

    最新記事

    カテゴリ

    未分類 (1)
    経営 (35)
    マーケティング (10)
    マーケット動向 (8)
    情報化 (5)
    ソーシャルメディア (5)
    Facebook (14)
    社会 (4)
    労務 (2)
    考え方 (13)
    近況報告 (24)
    読んだ本 (17)
    日本語の話 (3)
    お知らせ (22)
    知的資産経営 (13)
    注目キーワード (3)
    ものづくり (8)
    ミラサポ (1)
    ソーシャルビジネス (1)
    経営力向上計画 (1)
    施策 (0)
    経営改善計画 (1)

    月別アーカイブ

    最新コメント

    最新トラックバック

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    あわせて読みたい
    にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
    にほんブログ村