FC2ブログ

    2019-08

    主語をきちんと?


    5月から梅雨入りまでのこの時期の爽やかさが好きだ。特に好きなのは、地下鉄から地上へと階段を上がるときに、目に飛び込んでくる街路樹の新緑の瑞々しさ。夏の緑色とはぜんぜん違う。

    leaf.jpg


    さて、日本語の話。企画書や提案書、報告書などを書く場合には、相手に伝わる文章を書くことが必要になる。

    文章に関して言われがちなのが、「主語をきちんと書く」ということ。でも主語って何なのだろうか?次の三つの文の主語は何か考えてみてください。
    ・「象は鼻が長い」
    ・「何になさいますか」「紅茶をお願いします」「僕はコーヒー」
    ・「パリは今、夜中の3時です」

    「~は」の部分が必ずしも主語とは言えないことに気づいていただけたでしょうか。

    上記の例文の「~は」の部分を主題と言う。今から「~について話します、述べます」というテーマを提示する部分にあたる。

    (上記例は、企画書などの文例としては適当ではないかもしれないが、「~は」の箇所が必ずしも主語ではないことがわかりやすい文例を選んだ。)

    英語は、主語を必ず必要とするという文法体系をもっている。日本語は、主語を必ずしも必要としない。

    いつ、誰が、何を、どこで、などの具体的な内容が盛り込まれているかを確認しながら、書くように心がけることは、伝わる文章のためのポイントの一つ。でも、英語文法との対比で、「主語をきちんと」と言ってしまうと、かえってわかりにくい場合があるように思う。

    日本語は必ずしも、明確な主語を必要としない文法体系であることを踏まえつつ、その上で必要な情報を過不足なく盛り込み、「伝わる」文章を書くように気をつけていきたい。



    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://officeair.blog.fc2.com/tb.php/30-f0e08738
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    «  | ホーム |  »

    プロフィール

    片山 祐姫

    Author:片山 祐姫
    経営革新等支援機関
    (認定支援機関)

    http://www.officeair.net/

    キャッシュフローコーチ®|大阪

    大阪産業創造館の「あきない経営サポーター」として、オンライン相談、面談での相談対応をしています。下記ページからお申込みください。 (相談は無料です)
    産創館オンライン相談&面談

    最新記事

    カテゴリ

    未分類 (1)
    経営 (35)
    マーケティング (10)
    マーケット動向 (8)
    情報化 (5)
    ソーシャルメディア (5)
    Facebook (14)
    社会 (4)
    労務 (2)
    考え方 (13)
    近況報告 (24)
    読んだ本 (17)
    日本語の話 (3)
    お知らせ (22)
    知的資産経営 (13)
    注目キーワード (3)
    ものづくり (8)
    ミラサポ (1)
    ソーシャルビジネス (1)
    経営力向上計画 (1)
    施策 (0)
    経営改善計画 (1)

    月別アーカイブ

    最新コメント

    最新トラックバック

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    あわせて読みたい
    にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
    にほんブログ村