FC2ブログ

    2019-12

    「~ですね」と「~ですよ」の違い、意識していますか?


    人と話していて、相手の人の話し方が気になること、ありませんか。話の内容はいいのに、話し方のせいで、理解や納得が得られないとしたら、残念なことです。今回は接尾辞の「ね」と「よ」の違いを考えます。


    【問題】
    下記の二つの文を読んで、ニュアンスの違いを考えてみてください。

    ・「その髪型、似合ってますね」
    ・「その髪型、似合ってますよ」



    どうですか?違いをはっきり答えられましたか?

    「~ね」は相手が知っていることについて話すときに使います。「~よ」は相手が知らないことを教えてあげるときに使います。

    いいお天気の日に二人の人が出会いました。「いいお天気ですね」と言います。「いいお天気ですよ」は言いません。天気がいいことを相手も知っていることは自明ですから。

    前を歩いている人が財布を落としました。「お財布を落とされましたよ」と声をかけます。「お財布を落とされましたね」と言うと、相手が知っていて、わざと落としたようなニュアンスになりますね。(あるいは、落としたことを本人が知っている事後の会話になります)

    hana.jpg


    では、冒頭の例。髪型が似合っていることを自覚している(であろう)人には、「似合ってますね」と言います。似合っていることに自分で気づいていない(であろう)人には、「似合ってますよ」と言います。

    このケースでは、似合っていると自分自身で思っているかどうかは、実際には不明です。話し手が、知らないだろうと判断すると「~よ」になり、知っているだろうと判断すると「~ね」を選択することになります。「~ね」と「~よ」のどちらを選ぶかには、話し手のそうした無意識の一端が表れています。

    「~よ」をよく使う人には、相手が知らないだろうと思い、「教えてあげる」意識の人が多いようです。単に話し方の癖の場合もあると思いますが、「~よ」を連発すると、相手に「そんなこと知っている」と反発される場合もあります。違いを意識して使いたいですね。


    スポンサーサイト



    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://officeair.blog.fc2.com/tb.php/28-0ae8492c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    «  | ホーム |  »

    プロフィール

    片山 祐姫

    Author:片山 祐姫
    経営革新等支援機関
    (認定支援機関)

    http://www.officeair.net/

    キャッシュフローコーチ®|大阪

    大阪産業創造館の「あきない経営サポーター」として、オンライン相談、面談での相談対応をしています。下記ページからお申込みください。 (相談は無料です)
    産創館オンライン相談&面談

    最新記事

    カテゴリ

    未分類 (1)
    経営 (35)
    マーケティング (10)
    マーケット動向 (8)
    情報化 (5)
    ソーシャルメディア (5)
    Facebook (14)
    社会 (4)
    労務 (2)
    考え方 (13)
    近況報告 (24)
    読んだ本 (17)
    日本語の話 (3)
    お知らせ (22)
    知的資産経営 (13)
    注目キーワード (3)
    ものづくり (8)
    ミラサポ (1)
    ソーシャルビジネス (1)
    経営力向上計画 (1)
    施策 (0)
    経営改善計画 (1)

    月別アーカイブ

    最新コメント

    最新トラックバック

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    あわせて読みたい
    にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
    にほんブログ村