FC2ブログ

    2018-11

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    そのアンケート、誰かにチェックしてもらった?


    questionnaire

    アンケートは、何かわからないこと、知りたいことがある時に調査するための一つの手法です。

    ということは、通常は、アンケートには特定の目的があります。その目的が何であるかを事前に明確化しておくことが望ましいです。

    なぜかというと、たくさんの質問項目を盛り込むと回答率が低下したり、煩雑さから、回答者が面倒になって、回答の正確性が下がることがあるためです。

    短い時間で回答できるアンケートの方が回答してもらいやすいし、より正確な回答が期待できます。

    一方、実施側からすると、せっかく実施するアンケートですから、ついつい、「コレも聞いておこう」「アレも聞いておこう」となりがちです。

    ですから、事前に目的を明確化して

    ○何のためのアンケートであるか
    ○何がわかれば、その目的を達せられるのか

    を明確にしておく必要があります。

    また、アンケート結果をどのように活用するかについても事前に考えておきましょう。

    たとえば、客層の変化を定量的に把握するための調査だとします。調査結果を受けて

    ○品揃えや販売促進策を見直すのか
    ○営業時間を見直すのか

    によっても、質問項目や聞き方が変わってきます。せっかく費用や時間をかけて行う調査であるので、活用方法を事前に考えて、活用できる調査設計にする必要があります。

    それと、忘れてはならない大事なポイントはプレテストの実施です。

    ・アンケート票の質問内容がわかりにくくないか
    ・表現が適切か
    ・指示に不明瞭な点がないか
    ・選択肢に抜け漏れがないか

    などはアンケート票の作成者には気づきにくいところです。

    アンケート票を作成したら、必ず何人かに回答してもらい、上記の観点でチェックしてもらって修正するようにしましょう。


    スポンサーサイト

    «  | ホーム |  »

    プロフィール

    片山 祐姫

    Author:片山 祐姫
    経営革新等支援機関
    (認定支援機関)

    http://www.officeair.net/

    キャッシュフローコーチ®|大阪

    大阪産業創造館の「あきない経営サポーター」として、オンライン相談、面談での相談対応をしています。下記ページからお申込みください。 (相談は無料です)
    産創館オンライン相談&面談

    最新記事

    カテゴリ

    未分類 (1)
    経営 (33)
    マーケティング (10)
    マーケット動向 (8)
    情報化 (5)
    ソーシャルメディア (5)
    Facebook (14)
    社会 (4)
    労務 (2)
    考え方 (11)
    近況報告 (24)
    読んだ本 (17)
    日本語の話 (3)
    お知らせ (22)
    知的資産経営 (13)
    注目キーワード (3)
    ものづくり (8)
    ミラサポ (1)
    ソーシャルビジネス (1)
    経営力向上計画 (1)
    施策 (0)
    経営改善計画 (1)

    月別アーカイブ

    最新コメント

    最新トラックバック

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    あわせて読みたい
    にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
    にほんブログ村
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。