FC2ブログ

    2018-11

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ティオティワカン遺跡で目標達成のコツを考えた


    昔、メキシコのティオティワカン遺跡に行ったことがあります。テオティワカンは、紀元前に繁栄したテオティワカン文明の中心都市だった所です。

    旅行に行く前は、ガイドブックを見ながら、ティオティワカン遺跡の中を楽しく散策するイメージを膨らませ、ロマンに浸っていたのですが、実際に行ってみると、イメージとはずいぶん違う。

    何が違うって、まず暑い。

    そして、遺跡と次の遺跡の間隔が遠い。

    …冷静に考えてみると、そこは昔、都市だったわけで、広いのは当たり前なのですが、一つの遺跡を見た後で、効率よく次の遺跡を見たい…なんて、自分勝手に考えてると、延々歩いてばかり…という印象になってしまうわけです。

    私はふだんよく歩く方ではあるのですが、ふだんの街歩きでは、目の前に建物があったり、お店があったり、目先の風景が変化するので疲れにくい。(と思う)

    それに比べると、ティオティワカン(だけでなく、遺跡の多くが同じだと思うのですが…)はとにかく広い。

    広くて遺跡と遺跡の間にただただ空間が広がっている。

    見えているのに、歩いても歩いても、なかなか近づけないという感覚に陥ってしまいます。

    山歩きする人に聞くと、山歩きも同じで「見えているのに…」という状況が一番疲れやすいそうです。

    仕事も少しこれと似ているのではないかと私は思っています。目標が遠すぎると、なかなか近づけないという感覚に陥り、心理的に疲弊しやすい。

    目標が遠くて辛い時は、そこに至るプロセスを分解して、少しブレイクダウンした身近な目標を立てることがコツかもしれません。

    チームでの仕事の場合は、チームメンバーが目標達成に向けて、何をどのように進めようとしてるのか、目標のブレイクダウンのサポートをしてあげることも有効です。

    身近な目標を一つ一つクリアすることで、達成感を味わいながら進むことができるようになるのではないでしょうか。



    スポンサーサイト

    «  | ホーム |  »

    プロフィール

    片山 祐姫

    Author:片山 祐姫
    経営革新等支援機関
    (認定支援機関)

    http://www.officeair.net/

    キャッシュフローコーチ®|大阪

    大阪産業創造館の「あきない経営サポーター」として、オンライン相談、面談での相談対応をしています。下記ページからお申込みください。 (相談は無料です)
    産創館オンライン相談&面談

    最新記事

    カテゴリ

    未分類 (1)
    経営 (33)
    マーケティング (10)
    マーケット動向 (8)
    情報化 (5)
    ソーシャルメディア (5)
    Facebook (14)
    社会 (4)
    労務 (2)
    考え方 (11)
    近況報告 (24)
    読んだ本 (17)
    日本語の話 (3)
    お知らせ (22)
    知的資産経営 (13)
    注目キーワード (3)
    ものづくり (8)
    ミラサポ (1)
    ソーシャルビジネス (1)
    経営力向上計画 (1)
    施策 (0)
    経営改善計画 (1)

    月別アーカイブ

    最新コメント

    最新トラックバック

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    あわせて読みたい
    にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
    にほんブログ村
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。