FC2ブログ

    2018-11

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「年利15%でふやす資産運用術」の15%の根拠は?


    「年利15%でふやす資産運用術」(竹川美奈子著)を読んだ。

    金融機関の窓口で勧められるままに、個人年金保険や投資信託を買ってはダメというお話。理由は、金融機関は、手数料が高いなど販売側にとって都合の良い商品を勧めてくるから。

    じゃあ、どうすればいいのか。実は、金融機関が教えたがらないけれど、金融のプロがこっそり活用している制度があるのだという。それが「確定拠出年金」(DC=Defined Contribution Plan)。

    確定拠出年金はなぜお勧めなのか。ポイントは税制的に優遇されているということ。

    まず、掛け金は全額、所得控除の対象になり、所得税(5%~)と住民税(10%)が減る。つまり、節税分として、年15%のリターンが得られる。これが、タイトルの「年利15%」の意味。

    さらに、運用益は非課税(通常は20%)。受取時も税制優遇措置がある(退職所得控除、公的年金等控除の対象となる)。

    つまり、少なくとも節税分は確実に儲かる制度。金融機関は儲からないので、教えたがらないけど、国民にとってはお得な制度。

    確定拠出年金には、企業型DCと個人型DCがあり、個人型DCには、勤務先に企業年金制度・企業型DCのない会社員と自営業者が加入できる。(掛け金は、会社員は月額23,000円まで。自営業者は月額68,000円まで)

    自営業者・フリーランスの人は、小規模企業共済と個人型DCの併用が可能。

    なお、「毎月分配型の投資信託は買うな!」は業界の常識だそうです。




    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://officeair.blog.fc2.com/tb.php/104-126b2355
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    «  | ホーム |  »

    プロフィール

    片山 祐姫

    Author:片山 祐姫
    経営革新等支援機関
    (認定支援機関)

    http://www.officeair.net/

    キャッシュフローコーチ®|大阪

    大阪産業創造館の「あきない経営サポーター」として、オンライン相談、面談での相談対応をしています。下記ページからお申込みください。 (相談は無料です)
    産創館オンライン相談&面談

    最新記事

    カテゴリ

    未分類 (1)
    経営 (33)
    マーケティング (10)
    マーケット動向 (8)
    情報化 (5)
    ソーシャルメディア (5)
    Facebook (14)
    社会 (4)
    労務 (2)
    考え方 (11)
    近況報告 (24)
    読んだ本 (17)
    日本語の話 (3)
    お知らせ (22)
    知的資産経営 (13)
    注目キーワード (3)
    ものづくり (8)
    ミラサポ (1)
    ソーシャルビジネス (1)
    経営力向上計画 (1)
    施策 (0)
    経営改善計画 (1)

    月別アーカイブ

    最新コメント

    最新トラックバック

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    あわせて読みたい
    にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
    にほんブログ村
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。