FC2ブログ

    2016-09

    「USJ」本の著者が説く「リアプライ」。ついでに「ラン活」についての小考察


    久しぶりに「USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?」(森岡毅著)を読み直しました。読み直した理由は、実は小学生の子供に「本を読んで!」と言われた時に、読み聞かせられる適当な本がその時に、手元に他になかったから。

    手元の子供向けの本は読みつくし、子供が読んでいないのは後はビジネス書だけ。どの本が面白いだろう?この本なら、ストーリー性があって少しは面白いかな?・・・

    と最初の方を読み聞かせると、非常に興味を示し、
    「もっと続きを読んで!」
    と毎晩続きをせがまれることになったのでした。

    改めて読んでみて、やっぱりすごく面白いです。一難去ってまた一難、そのたびに、ピンチをアイデアで切り抜ける…。子供がワクワクして続きが知りたくなるはずです。

    今回、読み直してみて、個人的に私が「やっぱりそうだよね!」と深く頷いたのは、「世界中からアイデアを探す!」のところです。

     > 続きを読む 




    さて、最近、「ラン活」という言葉を知りました。気に入ったランドセルを購入するための情報収集から購入に至るまでの活動を「ラン活」というそうです。

    最近のランドセルのカラーバリエーションの多様化、ファッション化については、なんとなくは知っていましたが、ランドセル購入がここまでイベント化しているとは知りませんでした。

    (人気ブランドの場合、販売開始初日にホームページにアクセスが殺到し、システムダウンした例もあるようです。”ラン活狂騒曲”とか”ランドセル争奪戦”などと言われています)

    口コミ情報などをもとに、その背景を考えてみると…

    ● 少子化で一人の子供にかける金額や購買に費やすエネルギー(購買のための探索など)が増加している。
    ● 祖父母が小学校入学という節目に際して金額を気にせずプレゼントしてくれる。
    ● 自分が小学生の頃は、黒か赤のランドセルしかなかったお母さん世代が、自分の気に入るランドセル選びに熱中している。(お母さんが”一目惚れ”したランドセルを選ぶケースも…)
    ● ランドセルがファッションの一部、個性化の手段の一つになっている。(ほかの人と”かぶる”のはイヤという意識がある)
    ● ママ友の視線を気にするお母さんが多い。(ママ友に褒められると嬉しい)

    などがあって、ランドセル市場の活性化、高額化につながっているようです。

    ランドセル市場が活性化し、高額化していることをもとに、有望市場だからと言って、今から、まったく新規に市場に参入するのは、よほどの競争優位性(強力なブランドや高品質な製造背景など)がなければ、難しいはずです。

    ただし、同様の要素がある市場が他にはないか(現在は制約下にある市場で、自社が制約を解放することで消費者ニーズを満足させられる…など)考えることで、商機を見出すことは可能かもしれません。

    これも一つの「リアプライ」ではないでしょうか?




    スポンサーサイト



    «  | ホーム |  »

    プロフィール

    片山 祐姫

    Author:片山 祐姫
    経営革新等支援機関
    (認定支援機関)

    http://www.officeair.net/

    キャッシュフローコーチ®|大阪

    大阪産業創造館の「あきない経営サポーター」として、オンライン相談、面談での相談対応をしています。下記ページからお申込みください。 (相談は無料です)
    産創館オンライン相談&面談

    最新記事

    カテゴリ

    未分類 (1)
    経営 (35)
    マーケティング (10)
    マーケット動向 (8)
    情報化 (5)
    ソーシャルメディア (5)
    Facebook (14)
    社会 (4)
    労務 (2)
    考え方 (13)
    近況報告 (24)
    読んだ本 (17)
    日本語の話 (3)
    お知らせ (22)
    知的資産経営 (13)
    注目キーワード (3)
    ものづくり (8)
    ミラサポ (1)
    ソーシャルビジネス (1)
    経営力向上計画 (1)
    施策 (0)
    経営改善計画 (1)

    月別アーカイブ

    最新コメント

    最新トラックバック

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    あわせて読みたい
    にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
    にほんブログ村